知らない方が多い?礼服とスーツの違いと選び方

冠婚葬祭の際の適切なスーツの違いと選び方

礼服・スーツってどんな服?

礼服・喪服という言葉はよく耳にしますが、何を指すのかを理解していない方は大勢います。礼服と言うのは冠婚葬祭で着用する正装を指し、礼服の一つとして喪服があります。 これらの見分け方や、マナー、選び方について説明していますのでまだ冠婚葬祭を経験していない方は必見です。

スーツを冠婚葬祭に着用するのはマナー違反

ビジネスの場で着用されるスーツですが、冠婚葬祭の時に着用してはマナー違反です。カジュアルな場であれば問題ありませんが、お葬式などで着用すると親戚から見咎められてしまうケースもある様です。 ビジネススーツの種類や選び方を紹介していますので、参考にしてみて下さい。

冠婚葬祭で着用するのは礼服

学生の頃であれば、冠婚葬祭は制服で問題ありませんが社会人になるとそうは行きません。またタイミング的にも社会人になると冠婚葬祭に出向く機会が増えるので、礼服を用意しておくのが一般的です。しかし礼服とスーツは似ているし、物によってはビジネススーツの方が安上がりなのでこっちを着用してもいいのでは無いか?そう思う方もいるでしょう。
ちなみに礼服とスーツの違いは色にあります。礼服は真っ黒でテカリなどはありませんが、スーツは礼服よりもグレーに近い色をしています。屋内であればあまりわかりませんが、外にいると一目瞭然ですし時には常識知らずと言われるケースもあります。
色以外にも礼服はスーツよりもゆったりしたデザインが多く、スーツはトレンドによってデザインが大きく変わります。近年は細身のスーツが流行しているので、礼服と並べるとわかりやすいです。
ボタンの数にマナーやルールはありませんがシングルの2ボタンは若い世代から人気ですし、ダブルの2ボタンは貫禄が出るのでミドル世代のマストアイテムになっています。
スーツを礼服として着用するのはマナー違反ですが、反対に礼服をスーツとして着る事は出来ます。しかし不幸な事があったのか?と心配される事もあるので、あまり良い印象は与えないので避けるのが無難です。
意外と知られていない礼服とスーツの違いですが、今回は違いだけでは無く特徴や選び方を紹介しています。これから用意する方は必見です。

購入・レンタルのメリット・デメリット

礼服やスーツを何着も用意するのは、コスト的にも大変負担がかかります。近年ではレンタルサービスが存在しますが、購入と比べてどの様なメリット・デメリットがあるのかを分析しています。 普段から着用する機会がある場合は購入にメリットがあるケースが多いです。

TOPへ戻る