知らない方が多い?礼服とスーツの違いと選び方

>

礼服・スーツってどんな服?

なぜ礼服を着用するの?

お葬式やお悔やみの席だけでは無く、結婚式や入学式などお祝いにも使える礼服は冠婚葬祭の制服です。礼服を着る事が礼儀、マナーに繋がるので格式の高い場所で着用するのが一般的です。
ちなみに礼服は黒が深く、濃い方が格式の高い服と言われていて、値段によって黒の深さが全く違います。
そんな礼服の選び方ですが、一度しか着用するのでは無く5~10年後も着用出来るデザインを選んでください。トレンドやデザインに流される事無く、いつ着用しても問題ない礼服がベストです。
価格はピンキリですが、普段着用するスーツと同じくらいの価格が良いでしょう。あまりにも高価すぎると周りから浮いてみえるので、マナーとしてはNGです。もちろん黒が深い色を選択して下さい。

礼服の種類とは?

一般的に礼服とイメージは黒のスーツですが、カラーフォーマルなど実は様々な種類があります。女性の礼服はブラックフォーマル・セレモニースーツ・パーティドレスに分かれます。
ブラックフォーマルは弔事の席に着用する礼服で、セレモニースーツは主にお祝いの席に着用するスーツです。パーティドレスは結婚式披露宴や祝賀会などのフォーマルなパーティにおすすめです。
男性用の礼服にも多くの種類がありモーニングコート・燕尾服・タキシード・ブラックスーツがあります。モーニングコートは慶弔両用として着用出来る昼の礼服で、燕尾服は夜の礼服です。タキシードは昼夜両方とも着用出来る礼服で、ブラックスーツは男性のスタンダードは礼服です。


TOPへ戻る