知らない方が多い?礼服とスーツの違いと選び方

>

スーツを冠婚葬祭に着用するのはマナー違反

スーツにも種類があると知っていますか?

ビジネスでの制服と言えるスーツですが、礼服と同じ様に様々な種類があります。就職活動に使うリクルートスーツ、そしてビジネススーツは同じスーツですが、着用する場所によって使い分けられます。
リクルートスーツは学生が就活で着用するので、爽やかさをアピールするネイビーや黒が多いです。濃いグレーはオシャレさと爽やかさの両方を兼ね備えているので、人気があります。
ビジネススーツはリクルートスーツとは違い色や柄に個性があり、薄いグレーやストライプ、チェックといった個性的な柄やブルーやブラウンと言った就活では見る事のない色が指示を得ています。
またリクルートスーツは1~2万円程度ですが、ビジネススーツは最低でも4万円で、オーダーメイドだと10万円を超えるケースもあります。

自分に合ったスーツの選び方

スーツを着こなしている方はより魅力的に見えますが、自分に合ったスーツを着る為にはまずサイズに着目して下さい。自分に合わないスーツだと野暮ったく見えたり、だらしなく見えたりしますので要注意です。
近年では細見のスーツがトレンドですが、必ず押さえておきたいのが肩幅と着丈です。肩幅は肩に1cm程度のゆとりがあると着やすく見た目も良いです。着丈はどんなに短くてもヒップの半分以上隠れる程度が良いです。あまりにも短すぎるとカジュアルになり過ぎますし、反対に長すぎるとスーツに着られている印象になります。
足元は裾が靴の3~4cm程、たるみに関しては好みにもよりますが、細見であればハーフクッションかノークッションがおすすめです。


TOPへ戻る